2016年05月07日

労働問題を専門に扱う弁護士

勤務している会社が給料未払いが続いた場合は、生活に支障をきたしてしまうことがあります。このような場合は1人で悩むよりも弁護士に相談をした方が早期に解決できる場合が多いといえます。弁護士に相談をすることによって企業との交渉に入り、解決へと導いてくれるでしょう。

また近年増えている外国人労働者に対する労働問題についても、法律事務所に相談をすることによって解決される事例が多いです。この場合、英語や中国語などに対応した法律事務所を選ぶと良いでしょう。労働問題の相談事例としては職場の上司によるパワハラやセクハラの問題があります。

この場合については法律事務所に相談をすることによって解決できるケースが多いでしょう。具体的な解決方法としては弁護士が会社の責任者に対してセクハラやパワハラの事実を訴えます。そしてその訴えを受けた会社の責任者が事実関係を確認して、それが真実だと判明をすれば対応をしてくれる事が多いでしょう。

例えば、精神的な苦痛を受けていた場合は慰謝料が支払われます。労働問題の相談については専門の弁護士に相談すると良いでしょう。地元に法律事務所がない場合についても、近隣の都市の法律事務所であったも対応をしてくれます。

また市役所や区役所による無料法律相談も積極的に活用することによって、相談料を節約できます。労働関係の問題は賃金に関わるケースが多いために法律相談料が無料ということは大きな節約になります。なぜなら事案が複雑なケースでは何度も相談をすることがあるからです。
【関連する記事】